Bosch(ボッシュ)GSS23AE/MF レビュー おすすめのオービタルサンダー

公開日: : 最終更新日:2014/05/30

Bosch(ボッシュ)GSS23AE/MF オービタルサンダー 画像06

GSS23AE/MFはBosch製品を初めて購入したものになります。

仕上げ処理には欠かせない電動工具の1つ、おすすめのオービタルサンダーをご紹介します。

スポンサーリンク

写真と機能説明

Bosch(ボッシュ)GSS23AE/MF オービタルサンダー 画像01

プロ用の青い箱、ボッシュ製品の中にはプラスチックケースが付くものもあります。

Bosch(ボッシュ)GSS23AE/MF オービタルサンダー 画像02

人体工学に基づいたデザインなので握りやすくて疲れづらいのです。付属にパンチ穴開けのプレートがついてきます。

Bosch(ボッシュ)GSS23AE/MF オービタルサンダー 画像03

分厚いアルミダイキャストのボディで適度な重さがあります。そしてとても頑丈です。

Bosch(ボッシュ)GSS23AE/MF オービタルサンダー 画像04

本体裏には集塵用の複数の穴が開いています。マジック式のサンドペーパーが付けられるようになってます。

Bosch(ボッシュ)GSS23AE/MF オービタルサンダー 画像05

市販の普通のサンドペーパーも前方と後方にある金具で止めて使う事ができます。

製品仕様

仕様

電源(V)
100V (50~60Hz)
パワー(消費電力)
190W
回転数
7,000~12,000min-1(回転/分)
ストローク数
14,000~24,000min-1(回/分)
オービットダイヤ(軌道)
2.0mm
プレートサイズ
92x182mm
対応ペーパーサイズ
マジック式:93x185mm、クランプ式:93x230mm
重量
1.4kg

特徴

ソフトラバーグリップ
手によくなじむラバーグリップで持ちやすく疲れにくい気がします。
電子無段変速
6段階の変速機能があります。ダイヤルを回すだけで簡単に変更可能。
マイクロフィルターシステム
高性能な集塵機能を搭載し、着脱も容易です。
イージーフィットシステム
マジック式、市販のペーパーどちらも装着可能です。
集塵
吸じんシステム取付可能機種なので、別途購入したまたは自作した集塵機への接続も可能。

BOSCH(ボッシュ)

ドイツのメーカーで世界的な規模で電動工具の販売をしている大企業です。

Bosch製品は頑丈で評判もよく、技術力には定評があります。オービタルサンダーも人気の商品を販売しています。

オービタルサンダーはドイツの高級電動工具メーカーである現Festoolが発明したのですが、ランダムアクションサンダーはBoschが発明しています。

オプション商品も豊富で充実していて、ボッシュのサンディングペーパーは使いやすく性能が良いことで知られています。

ボッシュの電動工具はボディ色でプロ用かDIY用かが判別できます。

  • :プロ用
  • :DIY用

レビュー

このGSS23AE/MFは青ボディのプロ用になるわけです。

コストパフォーマンスを意識する私にしてはかなり冒険して購入したはじめての製品で、価格は実売10000円程になります。

購入を決定した理由はいくつかあるわけですが、以下に紹介したいと思います。

パワー

消費電力は190Wと必要十分なパワーがあります。

騒音

騒音はそれほど大きくもなく掃除機並程度です。

研削力

研削力もオービタルのわりにはかなり強力です。

ボディ

アルミダイキャストを使用したボディは頑丈そのものです。プロ用ということもあり、しっかりした作り込みがされていて、高級感があります。適度な重さと頑丈な構造で安定した作業が可能です。

耐久性

プロ用で耐久性も十分。造りが安物とは明らかに違います。

サンドペーパー

サンドペーパーが市販の安価なペーパーも使用可能ということで、ランニングコストも抑えられます。

市販サイズのサンドペーパーは3つ折にして切ると丁度よい大きさになります。

勿論、マジック式の専用ペーパーもイージーフィットシステムでしっかりとフィットするので、簡単に装着して研磨できます。

集塵能力

独自のマイクロフィルターシステムはなかなか優秀で、しっかりと集塵してくれています。

操作性

手によくなじむソフトラバーグリップが思いのほかお気に入りです。持ちやすく操作しやすいです。

付属品

市販のサンドペーパーに吸塵の穴を開けれるパンチが付属しています。ペーパーをサンダー本体に装着後、パンチに載せて使います。

ポイント

  • 数ある電動工具の中でも怪我をしにくい安全な類の工具で、素人にも扱いやすいです。
  • オービタルサンダーは仕上げに使われる電動工具なので、ランダムアクションサンダーやベルトサンダーに比べると削る力は弱いです。
  • 手での研磨作業は電動工具を購入しても無くなるというわけではありませんが、広い仕上げ処理にオービタルサンダーがあれば、筋肉痛になるなどしなくても綺麗に仕上げることができます。
  • 不満な点はほとんど思い浮かびませんが、しばらく使用した場合かなりモーターが熱を持つので、説明書記載の通りに、無負荷での空運転をしばらくしておくと機器によいと思います。
  • 市販のサンドペーパーを取り付ける金具が最初かなり堅いため、最初の頃少し取り付けに苦労しましたが、使い込んでいくうちに丁度いい感じになってきました。

あとがき

オービタルサンダーはシンプルな構造なので、それほど製品による違いが分かりづらいところもある機械だと思います。

やはり一番は自分にとっての使いやすさを優先して購入すべきだと思います。

私ははじめ安価なオービタルサンダー購入する気満々でしたが、ホームセンターでこの実機を見つけて触れてみた瞬間に「これはイイ!安物とはまるで違う!」と思って購入しました。

実際の使用感もよく、少し値段は張りましたが十分満足いく1品であったと思います。

レビュー

ad_pc

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

    • Blog Information (1)
    • 未分類 (1)
PAGE TOP ↑